かわいいと好きと楽しい

かわいいと好きと楽しい

21歳になった娘ちゃんと嵐のことが大好きなアラフィフもっくんの好きなもの&お気に入り レビューや日常のこと

MENU

嵐 青キミはデジタリアンの真逆だった&Dandelion

まずは 『青空の下、キミのとなり』 ここ、ここが好きなのーー!

 

なんで狂おしいのに不安がって 希望も忘れ

(曇り空のように)

 

 

騒々しい僕らはBABE 帰る家はどこに?

 

 

ダンスも好きだし、ギターの音がなんか懐かしい感じ。。ここのメロディー2番には無いんだよねー

 

リアルサウンドさんの記事を引用すると

 

ダンス・ミュージックを軸としながらも、ギターのカッティングやパーカッションを加えた

 

オーガニックなサウンドと、憂いのあるメロディで大人っぽい雰囲気が演出されている。

 

オーガニックなサウンドってなんだ?

 

yahoo知恵袋によると

 

デジタル的な音処理だったり、幾重にも重ねたエフェクトだったり、辛辣な歌詞や重厚なテーマだったり…

 

そういった昨今の音楽の多くに付加されている要素を排除もしくは極力抑えた

 

生音に近い音でなおかつナチュラルな素の感覚を兼ね備えたような音楽

 

だそうです。ということは DIGITALIAN の反対なわけですねーーーー

 

 

続いてカップリング 『Dandelion』ってこの映画のことかな。。

 

シネマトピックス ダンデライオン引用

 

2004年のアメリカ映画。

 

解説:これは、愛と愛の探求を伴って誰もが経験する痛みの物語である

 

映画瓦版 ダンデライオン     私は見てないけど。。。暗そう・・・

 

 

カップリングで好きなのは『何度だって』 作詞作曲 youth case かっこいい!

 

初回盤、今普通にあります

 

ウラアラトーク VS嵐収録終わりの夜中のテンション TVガイドより

 

 

あと、全体的に翔ちゃんの歌い方が変わったような気がする・・・気のせい?

 

ミュージカルっぽくなくなったような・・・

 

 

会報届いた、じっくり読もう!